OTHERS / その他

タイヤは鮮度が命!

2015年11月25日 水曜日

今年からシーズンオフのタイヤの保管方法を変えましたよ!

今までは・・タイヤ屋さんがよく使うカサカサするタイヤ用のポリ袋でしたが、今回からは「ラップ」を使うことにしました(o^-‘)b
o0460030513494153274
1本毎にグルグル巻きにして、タイヤの劣化の原因である酸素(O)やオゾン(O³)から守ることが出来るようですよ。
あっ!・・保管は紫外線の当たらない日陰が大前提ですがね!

タイヤは、ゴムに含まれる”油分”が命なので・・この油分が抜けなければ経時による性能劣化の曲線を緩やかにできるのですね。
o0460030513494153275
使用したのは業務用のラップですが、どちらも長さ300mですが・・幅の広い方でも700円程度なので超おススメです。

夏タイヤよりも・・暑く陽射しの強い時期に保管する「スタッドレスタイヤ」の保管に向いているかも知れませんね(‘-^*)/

参考まで・・(o^-‘)b

>ページTopへ

鮮度☆

2015年09月10日 木曜日

魚の鮮度をはかるうえでの一つの目安として「目」の透明感がありますね。 人間でも元気のない時には「目」に現れます! やっぱりキラキラした透明感の高い澄んだ「目」がイイですよね(o^-‘)b

クルマも一緒で・・目にあたるヘッドライトが曇っているとクタビレた印象になりますし、経年車でもヘッドライトが綺麗だとシャキッと感が違いますね。
o0460030513418688693
ビフォー
o0460030513418688695
アフター
o0460030513418688694
ビフォー
o0460030513418688696
アフター

新品交換にはかないませんが・・かなりの確率で復元が可能ですよ♪

鮮度! 落ちてませんか? (;´▽`A“

>ページTopへ

これって・・錆?汚れ?

2015年08月07日 金曜日

アウディの純正ホイールのセンターキャップです。
o0460030513388919362
経年車では時々見受けられるセンターキャップのメッキ部分の錆のように見える・・・実はコレ、汚れです!  ホイールが綺麗になってもセンターキャップがこれでは残念すぎますね(-“-;A
o0460030513388919363
特殊なケミカルを用いてクリーニングしますと、1本2分ほどで新品のような輝きが蘇ります♪

諦める前にご相談ください♪

>ページTopへ

やさしく洗おう♪

2015年07月21日 火曜日

この時期の洗車は時間との戦いである。
陽射しは強く気温も高いために水分はすぐに乾き、水シミの原因になりますから出来るだけ早く終わらせる必要があるんです(o^-‘)b

この時期の洗車の最良のタイミングは、風のない日の早朝か夜の気温の下がった時間帯がおススメです。 また、日中でも雨上がり直後などは多少風があっても大丈夫ですよ。 コイン洗車場を利用される方はこのタイミングを狙うと空いていることが多いので自分のペースで洗車出来ますよね(^_^)v  

十分ボディが冷えている状態での洗車がベター!
何故かって? 塗装は熱によって柔らかくなって傷が入りやすくなるためです。 逆に冷えていると塗装は締まって硬くなり傷つき難くなるわけですね。
o0460030513372625758
先ず傷の原因になるホコリや泥汚れを十分な水で洗い流します。
次にシャンプーでやさしく洗うわけですが・・・どう洗えばよいのでしょう?
私の場合・・洗車モップや洗車スポンジでも同じく・・シャンプーを含ませた自重以上には塗装面に圧力は掛けません。
o0460030513372625757
ぴとっと置いてやさしく洗います♪
o0460030513372625760
側面も同じく・・・やさしく・やさしく・・

心理的には、ゴシゴシと塗装面を擦ると汚れが取れるような錯覚に陥りますが、塗装面に傷を刻んでいるだけです!傷が増えると・・その傷に汚れが入り込んで・・・またゴシゴシしてしまい・・また汚れが・・ゴシゴシゴシゴシ・・・・の悪循環!

やさしく!が、洗車の基本です!

濯いだ後の水分の除去・・・面倒ですよね(w_-;
o0460030513372625759
でも、マイクロファイバー製のバスタオルを使うと・・約30秒ほどで荒水を除去できますよ♪
o0460030513372626329
使用前にバスタオルがカラカラに乾燥していたら・・水スプレーで少し湿らせると給水率が飛躍的に上がりますよ!

残りは仕上げ用のウエスで拭き上げて完了!

馴れてくると洗車は3~40分で完了するようになるでしょうv(^-^)v

参考まで!

>ページTopへ

これがディーラーさんの仕事?!

2015年06月28日 日曜日

最近、ブログのサボリ癖がすっかり板についてしまいました(;´▽`A“
更新頑張ります(-“-;A

先日、新車でボディコーティングをご依頼されたお客様のお車ですが、下回りの防錆処理(錆止め塗装)をディーラーさんでお願いされたそうです。

スプレーミストが飛び散りまくり・・・
o0460030513350717089
ボディも・・
o0460030513350717087
高性能ダンパーも・・
o0460030513350717086
ブレーキキャリパーも・・
下にもぐって見たわけではないけど排気管にも飛び散っていると思われます。

防錆処理の一番の目的である「錆びさせない」ための被膜が均一に塗られていないケースが多々見受けられます。
o0460030513350717088
錆びないプラスチックパーツにはコッテり塗られてますが・・陰になっている鋼板には塗られてなかったり・・
o0460030513350717444
一番錆やすい部分に塗られていないケースも珍しくありません。
もちろんディーラーさん全てではありませんし、施工する整備士の技能やセンスにも左右されるので、なかなか施工の標準化が難しい作業なのです!  ボディコーティングもまた然り! 新車時にディーラーさんで施工する最大のメリットといえば・・ローンに組み込めて便利!!という事くらいでしょうか? 

ディーラーさんベッタリのユーザーさんも、そろそろ本物を見極める目を持った方が身のためですよ(o^-‘)b

>ページTopへ

最近の人気メニュー♪

2015年04月06日 月曜日

3月下旬から・・もう4セットご依頼頂いている「ホイールコーティング」♪
o0460030513268549117
”守る”ことが最大の目的ですが・・不可抗力として、お手入れが超楽チンになりますよ♪

この楽チンさを体験すると・・・癖になるようです(^_^)v

>ページTopへ

車検に落ちた?!

2015年03月20日 金曜日

長年お付き合いのある中古車業者の社長から・・ライトの照度不足で車検に落ちた!ので、車を見てくれ!とのご依頼です。
o0460030513250676802
劣化MAX!

これは落ちるでしょうヽ(゚◇゚ )ノ

施工後の写真は、いつもの如く撮り忘れてありませんが・・かなり透明度を回復しましたよ♪

茶色く劣化したハードコート層の復元は可能ですが、レンズ内側のくもりは除去不可能なので、気になるようでしたらライトボディを新品に交換するのが一番納得できるのではないでしょうか?

出費が痛いですけどね。

今回の一番の目的は、車検にパス出来る程度まで照度を復元すること!ですので・・出来る限りの事はやりましたよ♪

v(^-^)v

>ページTopへ

この時期特有の汚れ

2015年03月07日 土曜日

雪解けも進み春に向かっている北海道ですが、この時期特有の汚れがクルマを一気にショボくしますよ!

それは「鉄粉」!
鉄道沿線や工事現場などで鉄粉の付着はよく知られてますが、泥汚れの中に大量の鉄粉があることはあまり知られていないですね!Σ(゚д゚;)

サンプル(会社のスイフト)
o0460030513238044894
そこそこの頻度で洗車しておりますが・・この時期の路面は濡れていて通勤で使っていても直ぐにドロドロに汚れてしまいます。

うちのスイフトは塗装面には鉄粉は殆んど付いていないのですが・・泥汚れが付いている状態で「鉄粉除去剤」(鉄粉に反応して紫色になるやつです)を試験的に掛けて鉄粉の有無を目で分かるようにしてみましたよ♪
o0460030513238044895
みるみるうちに紫色になりました!

後ろも泥汚れを巻き上げるので・・・・
o0460030513238046072
o0460030513238044893
これくらいの鉄粉量は普通です! 汚れて間もない時には、鉄粉は泥汚れと一緒に塗装面に乗っかっているだけなので簡単な新車で落とすことが出来ますが、汚れた状態のまま時間が経つにつれて塗装表面に固着し洗車だけでは落とすことが出来なくなります。

冬期間鉄粉を塗装に固着させないコツは”小まめな洗車”が一番の予防策ですよ!

使用環境や汚れの種類にもよりますが・・あくまでも簡単な洗車サイクルの目安です♪
コーティング未施工車なら5日毎・・
ポリマー系&ガラス系なら1週間毎・・
ガラスコーティングなら10日毎・・くらいの頻度で洗車すると良いと思います。実際に、路面が濡れていても汚れをリセットするための洗車サイクルを守っているお客様のお車は鉄粉の固着はほとんど確認できないです♪ 

私の経験上、酸化に強いコーティング被膜ほど鉄粉が固着するまでの時間を稼ぐことが出来ますので、上記の洗車サイクルになるんです♪ でも・・実行することは大変ですが、4月後半からはマイペースでの洗車でOKですよ(o^-‘)b 

あ~サッパリした♪
o0460030513238044892
外は雨が降ってましたが・・「汚れをリセット」することが目的なので汚れることは気にならないです! この時期はしょうがないのですから・・

σ(^_^;)

>ページTopへ

コーティング剤を固めてみました♪

2015年02月12日 木曜日

クルマのボディやホイールにコーティングしました! って、よく聞くけど・・その肝腎のコーティング本体にはお目にかかる機会はほとんどありませんね。 ボディやホイールにコーティングする場合、数ミクロンの薄い被膜であることが普通なのでね(‘-^*)/ 

目で見て分かるように・・インスタントコーヒーの空き瓶にホイール専用の高濃度ガラスコーティング剤を入れて3日ほど斜めにして放置!
o0460030513216157886

ガラス瓶の角に、三角形に固まったコーティング剤が確認できますね♪
他の角度から・・
o0460030513216158639
o0460030513216157889
o0460030513216157888
液体の状態で入れた時よりも体積的に10%ほど減って完全硬化!

写真でも分かるように・・屈折率はガラスと同等ですが、数か所でコーティング剤の塊にひび割れが確認できますね。
基本、この厚みでコーティングすることはありませんよ!
ガラスも薄ければ柔軟性がありますが・・厚みが増す毎に「硬さ」が出てくるので割れやすくなります。

ボディの鋼板は0.6ミリほどの薄さなので・・温度によって伸び縮みします(薄ければ薄いほどその差が大きくなる)

なので・・ボディガラスコーティングは薄い被膜なのです! たぶん・・MAXで4~5ミクロンが限界ではないでしょうかね。

最低限・・自分のクルマに施工したコーティングくらいは理解していた方がいいですよね♪

ガラスコーティングの中には、粉になって終了!というものもありますのでお気を付けください(-“-;A

>ページTopへ

アルミホイール・コーティング

2015年01月31日 土曜日

ただいまアルミホイール・コーティングを鋭意施工中!のホイールです(^^♪
ビフォー
o0460030513204655925
美観を重視する表面に比べ・・裏面はザラザラの状態のモノが多いですね! 塗装の粒子が粗いので、粒子間に汚れが入り込んで洗うのも大変な作業です。 特にホイールの裏面は、普段の洗車では洗う人は少ないでしょうね。 あと・・汚れたままにしておくと腐食の心配もありますね!

アフター
o0460030513204655924
弊社の裏面オリジナル施工です♪
ザラザラの塗装面にアルミホイール専用の高濃度ガラスコーティングをタップリと含浸させます。 この後・・硬化とともに光沢は若干引けますが、汚れの入り込む隙間を埋めてしまうので、未施工とは比べ物にならないほどお手入れが楽チンになるのです(o^-‘)b

以前の記事にも・・汚れを落ちやすくするホイールコーティングは多くあるが、”保護効果のあるものは少ない!”と書きました。

その保護効果をお見せするサンプルを作ってみました。
o0460030513204655923
左から・・真鍮・銅・アルミニウム・・・全て金属素地の上に弊社のホイールコーティングを下半分に施工して、水道水や洗剤(弱酸性・中性・強アルカリ性)などを掛けては乾燥させ、ウエスで擦って取れる汚れを落とした状態です。

拡大!!
o0460030513204655472
o0460030513204655474
真鍮と銅は同じような状態で、ガラス膜で腐食から保護されていることが確認できますが・・金属との相性なのか?シャボン玉のような「干渉膜」が出てしまいました。

肝腎のアルミニウムは・・
o0460030513204655473
こんな感じです♪
中性の洗剤では反応しなかったアルミも・・弱酸性と強アルカリ洗剤でアルミ素地が白濁しましたよ。 でもコーティング膜は健在です♪

このように金属素地に密着するコーティングも少ないので、他社でのホイールコーティングでは「施工不可のホイール」もありそうですね!
キチンと確認してからお願いすることが賢明ですね。

最強かと思われる弊社のホイールコーティングのガラス膜も弱点はあるわけで・・・
o0460030513204655471
強酸性の薬品などでは被膜が溶けてしまいますよ。(ノ゚ο゚)ノ
掛けた先から未施工部分は激しく反応(泡を噴く)して真っ白けになりましたから・・一応腐食を遅らせることには効果があったようですね。

万能ではありませんが、”保護効果が高い”コーティングだと自負しております♪

(^_^)v

>ページTopへ

1 / 3123

>ページTopへ