CAR FILM / カーフィルム

機能性パーツとしてのウィンドゥフィルム

2016年03月06日 日曜日

プライバシーガラスの普及が進み、ここ数年でドイツ車なども採用し始めましたね。 時代の流れなのでしょう・・・ユーザーの好みではない自動車メーカー主観で採用する濃色ガラス。

とりあえず「コレで乗ってろ!」・・的な・・・

サイドのガラスは濃いのに・・バックガラスがスカスカとか、結構中途半端なお車が増えてますよね。 みんなプライバシーガラスが好きなわけではないのに・・グレードによっては問答無用で付いてきますヽ(;´ω`)ノ
なんとなくガラスに色が付いてると「守られてる感」がありますが、紫外線も赤外線も通しますし、割れれば粉々になって車内中にガラスの破片が散乱しますから・・ただ色が付いてるガラスなわけです。(例外有り)
o0460030513584702122
o0460030513584702121
ユーザーのカスタマイズという視点から見ると・・・プライバシーガラスの可視光線透過率はフィルムを貼ることで濃くすることは出来ても・・薄くすることはできません!

でも、透明断熱フィルムならプライバシーガラスの色合いそのままに紫外線カット&赤外線カット!と、 万が一の時のガラス飛散を防ぐこともできますよ。もちろんフロント・ドアガラスやフロントガラスにも施工可能(車検対応)です(‘-^*)/

フィルムは高機能パーツです!

弊社で取り扱うフィルムは量販店で売っているような粗悪なフィルムとは比べ物にはなりません! 

安物買いの銭失い!!・・・・・あると思います(;´Д`)ノ
フィルムも、ピンからキリまでありますので・・・ご注意を!

腕に自信のある方には車種専用のカット済みフィルム(当然プロ用の高品質フィルム)の販売もしますのでご相談ください♪

>ページTopへ

>ページTopへ