COATING / コーティング

これからの季節はコーティング膜が頑張るのだ!

2013年11月08日 金曜日

今日の札幌は、雪交じりの雨が降るとても寒い一日でしたヽ(*’0’*)ツ

北国は、これからの時期が一番車に厳しいのですよ!
o0460034512737611476
酸化劣化に弱い樹脂である塗装を、薄くても酸化に強いボディガラスコーティングを塗装表面に施工することで車の美観を維持することができるのですよ♪

弊社のボディガラスコーティングは、第1層目に塗装と相性の良いアクリル系の樹脂を定着させ、ミクロの世界では凸凹の塗装表面を平滑にし、光沢度を引き上げると共に次に施工するガラスコーティングの最良の下地に整えます!・・第2層目に完全無溶剤のガラスコーティングを施工しますが、ここが一番の違いになりますよ♪
溶剤(キシレンやアルコール類・・・etc.)が少しでも含まれると・・先ほどの第1層目に施工した樹脂被膜が溶けてしまいますので使えませんが、無溶剤のものなら樹脂被膜の上にキチンと定着するわけです♪

他社のコーティングでは反対に・・ガラス被膜の上に酸化劣化しやすい樹脂被膜を上に乗せるタイプもあるようですが・・・どうなんでしょうか?
o0460034512737611477
手前味噌ですが・・写真の弊社スイフトは納車から9ヶ月経過!
今も・・お手入れ楽々なのです♪

18年間色々とコーティングを施工してきましたが・・このコーティングが北国では「Best」と感じてます(o^-‘)b

どれも同じじゃないのですよ!

>ページTopへ

>ページTopへ