COATING / コーティング

日本人は水玉が好き!

2014年06月19日 木曜日

o0460030512978117931
ボディに出来る水玉っていいですね♪
一時期は、撥水しない親水コーティングが流行りましたが・・親水効果が中途半端なものが多かったですね! 正確に言うと・・親水ではなくて「低撥水」と呼ぶのが正解です。

今の技術をもってすれば完全親水状態にすることは可能ですが、洗車後の水分の拭き上げは困難でしょう。

”撥水”というのは、フッ素やシリコンに頼らなくてもベースとなる表面をナノレベルで平滑にすることが出来れば水が引っかかる部分が無くなり・・表面張力によって強制的に撥水状態にすることが出来ます。
反対に”親水”はナノレベルで表面を荒らすと水は引っかかりまくって・・水膜になるのです。

でも・・圧倒的に撥水を支持されるお客様が多いのが現実ですね。
o0460030512978117933
ガラスも・・
o0460030512978117932
アルミホイールも・・
o0460030512978117934
コーティングの撥水が落ちて来ても・・保護効果には変化はありませんよ! 一昔の・・WAXだけのお手入れでは「撥水」が一つの目安でしたのでコーティングとWAXを混同されやすいのですが・・WAXは水に濡れると流れるし・・直射日光の熱で蒸発するため塗装保護を考えると最低でも一週間に一度のWAXがけが必要ですね。

コーティングには流出や蒸発がないので長い時間塗装の保護効果が見込めますよ♪

コーティングの撥水性能低下は、コーティング被膜の上にこびり付くスケールの蓄積が原因の場合が多いですね。
この場合も、コーティング被膜上のスケールを除去することで撥水性能が蘇ります♪

>ページTopへ

>ページTopへ