COATING / コーティング

永遠のテーマ

2015年03月04日 水曜日

昨年から取り組んでいる「研磨工程の再構築」!
研磨作業に使用するポリッシャー・バフ・コンパウンドの組み合わせを色々と試すわけですが・・・ポリッシャーの種類で(シングル・ダブル・ギヤなど・・)バフ&コンパウンドの相性も変わってくるので余計に大変です。
標準的な塗装(塗膜)を基準として考えないとかなり難しい事になってしまうので、超高硬度塗膜や焼きの甘い柔らかい塗膜は特別な工程を組み合わせて対処します。

研磨工程の再構築も最終段階なのです(^_^)v

年々塗装(塗膜)は進化しています! その進化に研磨技術も付いていかないとマズいですよね!
o0460030513235235294
ビフォー
o0460030513235235295
アフター

ネット上では、ポリッシャーはこれがイイとか・・
コンパウンドはこれがイイとか・・バフは・・・・などなど(-“-;A
全て一理あるし、間違いでは無い!

でも、研磨工程の一番大切な事って何だろうか?

時代が変わっても・・塗装が変わっても・・私の「永遠のテーマ」は、「塗装(塗膜)に最少の負担で最高の結果」! これに尽きます!

塗装(塗膜)は、人間の肌と同じでデリケートなのです! 研磨熱の掛け過ぎや削り過ぎなど負担を掛ける行為は、塗装(塗膜)に重大なダメージを与えますので注意が必要ですよ。

研磨の考え方は、ディテーラーそれぞれで違いますので、納得できる職人さんに依頼するのが賢明ですね♪

>ページTopへ

>ページTopへ