OTHERS / その他

コーティング剤を固めてみました♪

2015年02月12日 木曜日

クルマのボディやホイールにコーティングしました! って、よく聞くけど・・その肝腎のコーティング本体にはお目にかかる機会はほとんどありませんね。 ボディやホイールにコーティングする場合、数ミクロンの薄い被膜であることが普通なのでね(‘-^*)/ 

目で見て分かるように・・インスタントコーヒーの空き瓶にホイール専用の高濃度ガラスコーティング剤を入れて3日ほど斜めにして放置!
o0460030513216157886

ガラス瓶の角に、三角形に固まったコーティング剤が確認できますね♪
他の角度から・・
o0460030513216158639
o0460030513216157889
o0460030513216157888
液体の状態で入れた時よりも体積的に10%ほど減って完全硬化!

写真でも分かるように・・屈折率はガラスと同等ですが、数か所でコーティング剤の塊にひび割れが確認できますね。
基本、この厚みでコーティングすることはありませんよ!
ガラスも薄ければ柔軟性がありますが・・厚みが増す毎に「硬さ」が出てくるので割れやすくなります。

ボディの鋼板は0.6ミリほどの薄さなので・・温度によって伸び縮みします(薄ければ薄いほどその差が大きくなる)

なので・・ボディガラスコーティングは薄い被膜なのです! たぶん・・MAXで4~5ミクロンが限界ではないでしょうかね。

最低限・・自分のクルマに施工したコーティングくらいは理解していた方がいいですよね♪

ガラスコーティングの中には、粉になって終了!というものもありますのでお気を付けください(-“-;A

>ページTopへ

>ページTopへ